生活習慣病について

生活習慣病

生活習慣病とは、偏った食習慣や運動不足、ストレスや喫煙、過度の飲酒等、毎日の生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気の総称です。高血圧症・糖尿病・高脂血症(脂質異常症)の他、がん、心臓病、肝臓病、腎臓病、脳卒中、骨粗鬆症、歯周病等が含まれ、特に高血圧症・糖尿病・高脂血症(脂質異常症)は三大疾患と呼ばれ、動脈硬化の大きな原因となっています。

市町村や事業所で行っている特定健診は、内臓脂肪症候群(=メタボリックシンドローム)に焦点をあて、早期に指導(特定保健指導)を行うことによって、将来生活習慣病に発展しそうな芽を早期に摘み取ることを目的としています。

早期発見、早期に対処することにより生活習慣病からの弊害を予防することが可能です。積極的に健康診断を受診し、病気の早期発見に努めましょう。

ページTOPへ